残留農薬 除去 方法

野菜や果物の農薬を取り除く方法を紹介

私たちが生活していく中で食事はとても重要で、
その食事に使われる野菜や果物などの食材は、
安心で安全なものを使いたいと思いますよねぇ。。。

 

では、
一般のスーパーで売られている野菜や果物は
安心で安全な食材なのでしょうか?

 

中国産の野菜となると何かと農薬などについて噂が流れているので、
国産の食材を積極的に選んでる方々も多いでしょう。

 

ですが、
皆様もご存知の通り、
国産の野菜や果物だからといって、
残留農薬が食材の表面などに付着していないわけではありません。

 

実は、
日本の農家で使われている農薬などの薬剤の量は、
世界でもトップクラスの多さで、
中国や韓国に次いで第3位の使用量なんです!

 

日本の場合は国が基準を定めていて、
日本の農家もその基準内で野菜を育てていますが、
「このぐらいの残留農薬量なら体内に影響出ません。」と言われても、
その農薬が付いたまま食材を摂取するのは、
あまり気持ちの良いものではありません。

 

特に免疫力の低い小さなお子様やアレルギーを持っている方などは、
残留農薬の影響を受けやすいと言われています。

 

なので、
例えばサラダを作るとき、
野菜は流水でしっかりと洗ったり、
皮を向いたり、
1枚目の葉を捨てたりなど、
取れる対策をとっていると思います。

 

でも、
この対策だけで充分なのでしょうか?

 

 

野菜などにかける農薬は、
雨や風によって流れ落ちたりしないよう、
水を弾くタイプの農薬であったり、
展着剤を使って野菜表面から流出さないようにしたり、
ワックスを使用して、
野菜や果物の農作物の水弾きを良くしたり、
様々な工夫がなされています。

 

このような形が育てられた野菜や果物が店頭に並んでいるため、
水道の水で表面を洗い流したとしても、
農薬などはは落としきれないのです。

 

そうであれば、
残留農薬の心配の無い無農薬野菜を購入して使えば良いのですが、
無農薬で農作物を育てるのはとても手間暇がかかるため、
価格は従来品の何倍もしたりします。

 

それを毎日の食卓に使おうと思えばかなりの出費を覚悟しなければならないので、
なかなか購入できないと言うのが現実だと思います。

 

 

ということで、
残留農薬を除去するための方法が重要となってくるです。

 

食材を煮たり焼いたりすればかなり残留農薬は減りますが、
そうするとせっかくの野菜がサラダとして食べられません。

 

そこで登場するのが残留農薬を除去するための商品となります。

 

 

残留農薬を除去する商品は現在いろいろな種類のものが販売されていて、
体内に入っても大丈夫なように貝殻などの天然素材から作られたものが多いです、。

 

 

最初からスプレーボトルに入っていて、
食材に霧を吹きかけながら表面の汚れを落とすものや、
パウダー状の商品で、
使用毎に水に溶かして浸け置きで使うもの、
液体状で希釈して使うものなど、
いろいろなタイプの商品が販売されています。

 

ですからいろいろ試してみて、
ご自分にぴったりの商品を選んで下さい。

 

 

いま、
野菜や果物の農薬を取り除く方法として、
便利な商品が数多く売られています。

 

おすすめの商品はいろいろあるのですが、
こちらのサイト⇒「 野菜の残留農薬を除去する方法ランキング 」では、
さまざまなおすすめ商品がランキングで紹介されいるので、
チェックしてみては如何でしょうか♪